できそうなことチャレンジ

レシピの海でレシピ難民☆よりよいレシピの見つけ方

 
この記事を書いている人 - WRITER -

新しい料理にチャレンジする時、必ずググります。

でもそのレシピの多さに、酔うというか迷子になるというか、遭難するというか・・・

そんな時、どうしてるか記事にしてみました。

 

こんな思いの方には、刺さる記事かもしれません。

・たくさんあるレシピから、どれを選んでいいか分からない。

・初めて作る料理で正解が分からない。

・どうせ作るなら、ちゃんと作りたい。

・まずはベーシックなレシピを知りたい。

など、レシピ迷子に捧げます。

 

その料理のルーツを知る

バエリヤ

パエリアを作ろう!

そう思った時に、レシピを探しました。

まぁ、レシピがあるはあるは、そして主張が強い!

本格!、簡単!、スペイン人が教える!、失敗しない等とてもキャッチャーなフレーズと共にレシピが紹介されてます。

 

正直、誰が教えようが、簡単だろうが、本格的かどうかとかというより、私としては、ちゃんと作りたい。

それだけなんですね。

そして調べていくと、それぞれがのレシピで真逆のことを言っていたり、作る工程がまったく違ったりしてました。

そこで、気付いたのは、パエリアは風土料理であるということ、そしてご家庭の数だけこだわりや作り方があるということです。

 

まずレシピを選ぶ時に、この料理の背景を知るってとても重要だと気付かされました。

そしてディテールの違いには、とりあえず目をつぶり、共通点を見つけていくことにしました。

 

パエリアで言えば、使う材料は、

・トマト系のスープ

・サフラン

・魚介類、もしくはチキン

・お米

これはどのレシピも変わりません。

 

そして作り方では、

・食材を炒める

・お米を炊き込む

ということなんですね。

 

あとは細かいところが、違ってくるわけです。

これを踏まえて、自分が好きそうなレシピを模索しました。

そして、パエリヤで言えば、3回目ぐらいに作った時に、自分のオリジナルな作り方ができました。

 

結局、そういうことなんだなぁと実感しました。

レシピは参考までにして、自分好みの料理にしていくこということです。

 

より良いレシピの見つけ方

レシピ

料理を作る時に、必ず確認確認するサイトがあります。

それは、辻調理士学校のサイトです。

辻調のサイトにない料理は、なるべく権威性のあるサイトで調べます。

そのようなところを見たあとで、クックパッドやクラシエなどのサイトで手頃なレシピを探したりします。

 

いきなり、クックパッドなどのレシピ投稿サイトにいくと、本当にレシピが多すぎるし、アレンジや応用的なレシピも沢山あるからです。

投稿サイトのレシピには、

・これだけで

・簡単

・材料3つで

・失敗しない

等のなんか、簡単で手軽だよ的なものが散見されます。

 

このようなレシピは、料理そのものというよりも、料理をする人を主体に考えている気がして私は避けます。

料理は、食材をより美味しくするためのものであり、作り手はその手助けをするものです。

その主体性が、食材ではなく、作り手にあるという発想そのものが食材に対して畏敬の念を感じないからです。

 

極力時短して、手間をかけないようにして、そこそこの料理を作るってどうなんだろう・・・・

そう感じるんですね。

作るならちゃんと作りたい、そう思います。

 

なので、レシピを見つける時、食材への畏敬の念や感謝の念を感じるレシピを選びます。

とは言え、それいうレシピってどうやって探せばいいの?!という話しですよね。

 

そこで私がやるのは、順番に次の4つです。

 

1、料理の背景を知る

2、権威性のあるレシピを見つける

3、数あるレシピを見比べ、共通点を見つける

4、自分が作ってみたいレシピを選ぶ

これが、私が知らず知らずのうちにやっていた、レシピの見つけ方です。

 

まとめ

レシピ

ネットが普及して、秘密にして守っていく時代から、知らしめて拡散していく時代になりました。

その昔、レシピは無闇に公開するものではありませんでした。

味を守り、そこにいかなければ味わえない味が沢山ありましたね。

 

しかし、現在では様々なレシピが手軽に入手できて、プロ顔負けの味を再現できる時代です。

それが故に、レシピを選ぶスキルも要求されています。

 

星の数ほどあるレシピの海に、遭難しないように、よりよいレシピを見分ける目を持ちたいものです。

レシピ難民にならないように、料理の視点をしっかり保つことが重要ではないだろうか。

その視点とは、
「料理とは、天地の恩恵を受けた食材たちを最高の味にする」

ということです。

 

この食材たちへの畏敬の念があれば、きっといいレシピに出会えるはずです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© トイキャン , 2022 All Rights Reserved.